About

Inspiration


2000年からの6年間をフランス南西部で過ごしました。その暮らしでは、いつも海を身近に感じる環境の中、自然に寄り添いながら 長い歴史の中で育まれた文化を大切に 日々の生活に反映し、楽しむ ”Art de vivre” の精神に影響を受けました。様々な古典文化に触れることの出来た時間は CALYPSO のインスピレーションの源でもあります。現代においても、20世紀初頭に女性達が自己表現の手段として身につけたのが始まりであるコスチュームジュエリーを日常的に楽しむ女性達の 自由な発想や感覚もとても印象に残りました。


Concept



6年後奄美大島に居を移し、海辺に小さなキャビンを作り CALYPSO を始めました。カフェをしながら最初に作ったのは フリンジモチーフのピアスでした。女性達の楽しみと癒しの場を作りたい。そんな思いで過ごしていた日々、それは私自身が一番必要としていた事なのだと知りました。背後は山に護られ、目の前には穏やかな海が広がり、爽やかな風に揺れる植物達の元には青い鳥と赤い鳥の鳴く声が響き渡り、満月に照らされる夜の海は何度見ても飽きる事がありませんでした。 この地上の楽園のその自然の営みを生み出す地球と天体サイクルに 時に翻弄され、生かされているという事実に気づく度に 感謝が溢れ、この地を通して地球への愛が深く根付いて行くのを感じました。ここで過ごした9年間は、様々な出会いと共に、沢山の訪れた人々の声に耳を傾け、大いなる自然と 島で暮らす人達の温かな心に育まれ、多くの学びを得た人生の宝物の様な時間で、それは私の一部になりました。

奄美の自然の中に暮らすうちに得た ネイティブな感覚や、シャーマニズムに影響を受けた価値観の中、自然との繋がりを強く意識する内に出会って行った素材達。古代の人々の宇宙観が込められた魔除けやお守りの様に 代々受け継がれSpiritualな物として身につけられた装身具。その美しさにInspireされたデザインとCrystalのダイナミックでピュアなエネルギーを組み合わせた物を CALYPSOの Crystal art Jewelry として創作しています。


刻々と変容を繰り返し循環する輪の中に



Profile

CALYPSO * Keiko

1973 tokyo

2000〜 France ( La Rochelle , île d'Oléron )

2007〜 Amami ( Tatsugo )

2016〜 Kagoshima ( Miyama )